[時事閒聊] 日常着に似合うスニーカーのsacai LDwaffle 、芸能人の展示...

[複製網址]
Nike sacai スニーカー sacai LDwaffle発売より、阿部千登勢氏の登場!
sacaiのデザイナーである阿部千登勢さんは、1965年岐阜県生まれの女性。
1987年に名古屋ファッション専門学校服飾科を卒業後、大手アパレル会社のWORLDに入社し、アパレルの基礎となるいろはを学びながら2年間勤務します。
その後1989年にCOMME des GARCONS社に入社し、ニットウェアのパタンナーや企画を担当し、1992年に渡辺淳也さんのブランドJUNYA WATANABEの立ち上げに参加します。
沢山の経験を積み、1996年にはデザイナーである阿部潤一さんと結婚し、妊娠・出産という大きなターニングポイントを迎えます。
sacai は1999年に、デザイナーの阿部千登勢さんによって設立された日本を代表するファッションブランドです。

「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトに掲げ、メンズ、ウィメンズ共に展開しています。
異質な素材使いや独特で大胆なシルエットがsacaiの特徴で、特に異素材の組み合わせで前後の印象を変え、後ろや横からのアングルが美しく見えるデザインを得意としています。
ブランドがスタートした当初からニットアイテムの割合が多かった為、現在でもニットはバリエーション豊富に展開されているアイテムであり、sacaiを象徴するアイテムの一つです。
スタンダードなものを大切にしながらも、細部にまでアイデアや工夫が詰まったデザインが施され、どれもsacaiでないと作れないようなものばかり。
そんな、よく見ると確かに分かる繊細な技術・こだわりがあり、アイテムを手にした人はたちまち好きになってしまう。そんな、根強いファンに熱く支持されているブランドです。
以前のコラボコレクションでは、サカイらしいエレガントなプリーツやニットをナイキのテクニカルなスポーツウェアと組み合わせていたが、今回はそれとは異なるアプローチを採用したことで、ナイキの定番アイテムにまったく新しい解釈が付加された。阿部はこう説明する。
「両ブランドのアイテムを要所要所に取り入れながら、サカイの技術とナイキのスポーツギアを組み合わせることで、まったく新しいものを創出することを目指しました」

2つの異なる(ときには正反対の)アイデアや服を融合させて、予想を超えた全体の調和を生み出す手法を、阿部は「ハイブリッド・スプライシング」と呼んでいる。このアプローチの結果としてのデザインが、彼女を業界の寵児へと押し上げたのだ。
11点のコレクションピースとともに、サカイがこれまでにコラボしたスニーカー2型(LDWAFFLEとBLAZER MID)sacai Nike スニーカーの新色も発売される。
「2つの異なるナイキのスニーカーをミックスすることで、2つのソールに、2つのタン、2組のシューレース、2つのロゴが入った、ユニークな1足が生まれました」
仕上がりに自信を見せる阿部は、最後に、コラボレーションの極意をこう話してくれた。
「コラボレーション作品では、双方のブランドが持つ魅力を等しく表現すべきだと考えています。今回のコレクションでも、ナイキとサカイの両方のエッセンスがどのアイテムにも見てとれるはず。各アイテムはナイキの商品がベースになっていますが、最終的に生まれたシルエットは、サカイだけが生み出せるもの。今回のプロジェクトでは、一般的には機能性重視で選ばれるスポーツウェアを、非凡なアイデアでユニークかつ楽しいものにできることを証明できたと思います」

您需要登錄後才可以回文 登錄 | 註冊

本版透可值規則

快速回覆 返回頂部 返回列表